3年目くらいまでの弁護士向け実務刑事弁護の覚書


by lodaichi

即決裁判手続きの状況

即決裁判14%増、処理の迅速化図る 「反省深まらない」の声も(日経ネット)

即決裁判の統計的な現状が日経新聞の記事に載っていた(12月30日付朝刊)。

 罪名別では
1位 覚せい剤取締法違反 32%
2位 入管法違反 23%
3位 道路交通法違反 19%
4位 窃盗 8%
5位 大麻取締法違反 7%
となっているので、これらの犯罪が多い地裁が必然的に即決裁判の件数も多くなることが予想される。


日経新聞の記事では、地裁別の刑事事件に占める率の高いところものっていて
1位 東京地裁 16%
2位 高松地裁 15%
3位 前橋地裁 同
4位 千葉地裁 13%
となっていた。

 なお、即決裁判手続きで弁護人として留意すべき点については以前にも述べたので、興味のある方はどうぞ(→過去記事)。
[PR]
by lodaichi | 2008-12-30 15:59