3年目くらいまでの弁護士向け実務刑事弁護の覚書


by lodaichi

「犯人である確率が80%であっても有罪にする」 という裁判官


NHK「クローズアップ現代」
2010年 4月 8日(木)放送
社会問題 事件・事故
揺らぐ死刑判決
 ~検証・名張毒ぶどう酒事件~

同番組内で
「犯人である確率が80%であっても有罪にする」
というある裁判官の発言が報道された。


それに対する、ゲストの木谷明(法政大学法科大学院教授;元裁判官)のコメント
http://cgi4.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail.cgi?content_id=2873

>>本当に8割でいいと考えているとすれば、私はそれは明らかにまちがいだと思いますけれども、そういう心理に傾く裁判官の気持ちはある程度は理解できるんですよ。法廷では、まず悲惨な被害の状況が確実に立証されます。そして、目の前にはですね、検察官の立証によって、いかにも黒っぽく見える被告人がいる、そういう状況になると、こういう重大犯罪を被告人がやったんじゃないかという疑いがかなりの程度あるのに、その被告人を本当に釈放してしまっていいのかと、無罪と認めちゃっていいのかというところで、裁判官は内心葛藤すると思うんですね。その場面で「真犯人を逃がすことがあっても無実の者を処罰してはいけない」と割り切ることができないと、先ほどの裁判官のような考え方になってしまう。そこをどう割り切るかが大きな分かれ目であると思います。

 木谷さんのコメントは、間接的ながら、8割の心証で有罪でよいという裁判官が相当数いることを認めているのだと思う。
 そうでなければ、「そんな裁判官いるはずがない」というコメントになるはずだ。

 刑事弁護をするものとしては、以上のような裁判官がいることを十分に踏まえて弁護活動をすべきだ。

 木谷さんがいうように、それは理論的には明らかな間違いであるが、木谷さんですら、そういう心理になりやすい裁判官の心情はわかるといっているのだから。
by lodaichi | 2010-04-10 10:58